陰嚢

くも膜下出血とは90%近くが脳動脈りゅうと言われる脳内の血管にできたコブが破裂して出血する事で発症してしまう深刻な脳の病気だという知識を多くの人が持っています。
陰金田虫というのは、医学上は股部白癬と呼び、白癬菌というカビの一種が股間や陰嚢、お尻などの部位に何らかの理由で感染し、寄生してしまう病気であり俗に言う水虫です。
欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が満了してから1ヶ月後、市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に切り替わるような薬品もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は各国で浸透しているという現実があります。
杉の木の花粉が飛散する春に、幼い子どもが発熱は確認できないのに頻繁にクシャミしたり水のような鼻みずが出続けている時は、その子は杉花粉症の可能性が高いといえます。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無くなってしまった後に発売され、同一の成分で負荷の小さい(クスリの金額の高価ではない)後発医薬品のことをいいます。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンにかわり、2012年9月1日以降は原則無料の定期接種となるので、注射してもらうになりますのでご注意ください。
素材がグラスファイバーのギプスは、非常に強くて重くなくて耐久性があって、雨などで濡らしてしまってもふやけないという特長があり、現在の日本のギプスの中でも王道と言っても過言ではありません。
普通なら骨折しない位の弱い圧力でも、骨のある決まった部分だけに幾度も繰り返し次から次へと力が加わると、骨折する事もあり得るようです。
内臓脂肪過多の肥満が診られて、脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2つ以上に合致するような健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と称しています。
一旦永久歯の表面を覆っている骨を浸食するほど悪くなってしまった歯周病は、おそらく病状自体が治まったとしても、骨が元通りに再建されるようなことはないと言われているのが現状です。
陰金田虫(インキンタムシ)は比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほとんどのケースでは股間部にだけ広がり、身体を動かしたり、入浴した後など体が熱くなると猛烈な掻痒感を招きます。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では大体「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植術」の2つの手術の方法が活発に利用されています。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症を筆頭に多種多様な疾患の合併症の原因となる恐れがあるのです。
暗い所だと光量が不足するので見えにくくなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、水晶体のピントを合わせるのに不必要なパワーがかかってしまい、明るい場所で物を見るよりも疲れるのが早くなるのです。
ばい菌やウィルスなど病気を誘引する微生物、即ち病原体が肺の中へ進入し発病し、片方もしくは両方の肺が炎症反応を露呈している様子を「肺炎」と呼ぶのです。