有害

男性だけにある前立腺は成長や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に大きく関係し、前立腺のがんも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの作用で成長してしまいます。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに効果的です。嫌な二日酔いの大元と考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングに関係しています。
健康を推進するWHOは、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎは皮ふに健康障害を誘引するとして、18歳以下の人が日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を世界各国に求めています。
ライブの開催場所やダンス広場などに設置されている特別仕様の大型スピーカーの真正面で大きな音を浴び続けて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼んでいるのです。
ストレスが蓄積していく原理や、手軽なストレス対処策など、ストレスに関して詳しい知識を学ぼうとする人は、今のところ少ないようです。
脳卒中のクモ膜下出血はその80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管のコブが破裂して脳内出血することが理由となって引き起こされてしまう脳の病気として認識されるようになりました。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異をもたらす悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の力を促進する特性が認識されています。
ピリドキサールには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源を活用するのに欠かせない回路へいれるため、もう一度細分化することを支える機能もあるのです。
筋緊張性頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝り、張りが原因の日本人に多い頭痛で、「ギューっと締め付けられるような痛さ」「重いような酷い痛さ」と表現されることが多いようです。
明るくない所では光不足で見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに余分なエネルギーがかかってしまい、日の差す所でものを見るよりも疲れやすいです。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を有していない人にも取り扱うことのできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの指示通りにおこなうことで、心臓が細かく震える心室細動に対する処置の効果を発揮してくれます。
なんとなく「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「除去しなければいけない」と考えがちですが、実を言えば、私たち人間はこうしたストレスを感知しているからこそ、活動することが可能になるのです。
もう既に歯の表面の骨を減らしてしまうほど拡がってしまった歯周病は、悲しいことに病状自体が治まることはあっても、無くなった骨が元通りに再建されることはないと言われているのが現状です。
体脂肪量には変動が無いのに、体重が食物摂取や排尿等により一時的に増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すれば体脂肪率が高まります。
歳を重ねることに縁る耳の聞こえにくさにおいては緩やかに聴力が低下するものの、通常還暦を超えないと聴力の悪さをなかなか把握できないものです。